塾講師のやりがいとは

塾講師として働くには

最近、塾講師の求人が多く目につきます。ましてや受験前や受験期には、様々な塾講師の求人があります。そんな多様化する塾の求人であるがゆえに、塾講師として採用され、働くのは大変なことではないかと思う方がいるかもしれません。しかし、これは杞憂というものです。
まず塾講師として大切なことは、人間性です。どんな仕事でも必要なことですが、この仕事は生身の人間が相手の仕事です。ものを相手にする仕事とは違い、児童・生徒たちは、毎日全く違う姿を見せます。この変化をを心から楽しめることができるか?につきます。
どんなときにも動じることがない強い人間関係ができれば、学習指導もしやすくなります。そうしたら、子どもたちも自分で進歩を感じられることでしょう。
2番目に指導力です。やはり学習内容がきちんと教えられなければなりません。どうすれば、相手の子どもたちにわかってもらえるのか?ということを常日頃から意識する必要があるでしょう。
いかにわかりやすい授業をし、子どもたちの学力伸長のお手伝いができるかです。それには自分で様々な工夫が必要です。
塾講師には、自分自身の個性にプラスして、人間性と指導力があれば、どんな求人があっても自信をもって応えることができるでしょう。

塾講師のやりがい

塾講師の求人と聞くと、難しそうな印象を持ち、躊躇してしまう方は少なくないと思います。塾講師は、簡単な仕事ではない一方で、やりがいを感じられる仕事です。
塾講師の最も大きな醍醐味は、生徒の成長を間近で見られることです。
苦手だった科目がわかるようになった、先生のおかげで成績が上がったなどの声を生徒や生徒の保護者から聞くのは、とても嬉しいことです。中でも、担当した生徒が志望校に合格したと聞くと、入塾した頃よりも、大きく成長したなと嬉しさもひとしおです。
また、生徒に勉強を教えることは、生徒に成長のきっかけを与えるとともに、自分自身にとっても成長に繋がります。
生徒に理解してもらうには、ただ自分がその単元を理解していれば良いということではありません。生徒の理解度のレベルに合わせて話すことや、わかりやすい順番で論理的に話すことなどコミュニケーション能力も問われます。求人に応募して入った塾講師で初心者の方も多くいます。始めは上手くいかなくても、他の塾講師の授業を見て学んだり、試行錯誤をして自分なりの授業スタイルを作り上げていくことで、自分自身も生徒とともに成長できます。これも、塾講師のやりがいの一つと言えます。
塾講師の求人を見つけたら、是非その求人に応募してみてください。きっと仕事を通じてやりがいを感じられると思います。

どういう人におすすめ?

塾講師の求人に応募するためには、子どもが好きなこと、勉強が好きなことはもちろんですが、仕事に対して強い責任感があることが大切ではないでしょうか。

まず、仕事の予定変更は難しいと考えましょう。学習塾のスケジュールは早めに決められているため、個人的な理由での予定変更はよほどのことがないと行わないとの強い決意が必要です。

また、個別指導だけでなく、教室で一斉に授業を行うところもありますが、やはり、生徒それぞれに合わせて指導ができるスキルが求められます。生徒の中には勉強があまり得意でない子もいるかもしれません。学習塾では、勉強に消極的な生徒が自信を持てるための指導をすることが大切ではないでしょうか。

もちろん、最初から指導が上手な人はいません。生徒と直接触れ合いながら、生徒との接し方や勉強の教え方などのコツをつかんでいけるのです。そのため、塾講師の求人をみて興味を持った人は、積極的にチャレンジすることをおすすめします。

なお、塾講師の求人に応募するためには、自分自身が勉強好きで研究熱心であることはいうまでもありませんね。

塾講師の求人には、大手学習塾からアットホームな学習塾までいろいろな案件があります。そんな中から自分に合った求人をみつけて、積極的に応募することをおすすめします。

塾ごとの特色

塾によって勤務内容や担当する分野など大きく違いがあります。
特に塾講師の求人サイトなどチェックするとわかりますが、社員教育がきちんと行われるかどうかなど大きく差があります。
個人塾や大手や中堅塾など待遇も大きく違いますし、個別指導か集団指導によって授業の進めるスタイルに違いがあります。
個人塾の場合、求人情報も塾長さんの個性が出ますし、大手塾の場合は塾で決まったカリキュラムを進めていくことが重視されます。
塾講師もアルバイトや非常勤講師、社員など様々な勤務体制の中で働いていくことになるため、各々の立場を理解して勤務先では働いていかねばなりません。
集団塾では、クラスを受け持つことになるので遅れることなくカリキュラムに沿って塾講師は進めていくことになります。求人情報にも詳しいことが記載されているので確認しておくべきです。授業をスケジュール通りに進めることだ重視されます。
個別指導は、生徒や保護者の要望により、苦手部分を強化したり学校の補習授業や受験対応など幅広く要望に対応しなければならないため、柔軟さを求められますし、塾講師はその辺を理解しておき、求人情報にもこうしの柔軟性については記載事項で書かれていることがあります。

面接時の服装は?

塾講師の面接において、服装も面接官の判断材料になります。求人に応募するほどの方ならば御存知の通り、常識的な服装であれば十分です。奇抜な服装や髪型で面接を受けようなどと考える方は塾講師には向いていません。
雇用者が持て余すような人材は求められていません。人を見た目で判断してはいけないとよく言われますが、初対面の人間が見た目で与える第一印象は強い影響力を持ちます。塾講師として雇用した場合、塾生にどのような影響を与えるかを面接官はその場で判断します。求人する側は間に合わせな人材を求めてはいません。塾講師として活躍できる人材を捜し当てるまで求人を続けます。
求人に申し込み面接日が決定したら、余裕をもって散髪は済ませます。服装は一般的なリクルートスーツを用意するのが無難です。当然ですが服装に適した靴も必要です。
衣服や靴には皺をつけてはいけません。自分が身に着けている物すら管理し切れていない雑な人間という印象を与えかねません。
踵を潰して履いたことがある靴もよくありません。足元を見るとはよく言ったもので、靴の履き癖までも見る人はいるものです。
塾講師としての指導力は仕事をする上で必要ですが、求人する側として面接時に見極めたい事は、本人の常識とやる気です。服装にも自然とそれは現れるので十分な配慮が必要となります。
参考サイト

PAGETOP